讃岐の郷土料理「鮒のてっぱい」

 フナを酢締めにし、大根・ねぎ・とうがらしなどを加えて酢みそで和えたものを「てっぱい」といいます。こちらうどん県では、農閑期に入る秋から冬にかけて、水を抜いたため池のフナをとって作ります。この時期のフナはあぶらものって美味しくなるんです。  先日県主催の淡水魚の料理講習会が高松市で開催され、鮒のてっぱいをJA香川県桜町支店の女性部の方々といただきました。  魚はため池から取り…

続きを読む

うどんトッピングツアー!急な出張編 追伸

 前回は急な出張で高松駅にあります「連絡船うどん」を訪れた件についてご紹介したワケでございます。「連絡船うどん」については高松港と宇野港を結んでいました海上交通でありますところの「連絡船」の中、すなわち、お船の中にうどんコーナーがあったのがルーツであるとご紹介いたしました。今回はまだ連絡船が運航されていた当時に、そのうどんコーナーへうどん玉を納入していたお店についてご紹介いたしたいと思います。お…

続きを読む

うどんトッピングツアー!カキの季節編

ども、お久しぶりのヒロです。 ちょっと忙しくてご無沙汰でした、そろそろ浮上したいと思います。 ヒラメ太郎EpisodeⅡ先輩の記事に触発されて、うどんネタです。 今期もオリーブハマチうどんでお世話になった、 「手打ちうどん ひさ枝」さん。 冬場には、志度湾産のカキを使ったメニューが登場するのです。 カキを出汁で煮込んだ牡蠣うどんや、炊き込みご飯のおにぎりもありますが、この日は…

続きを読む