サワラの稚魚放流に向けた採卵作業!

うどん県を代表する魚といえば「サワラ」。初出荷の時には、1本で数万円の値が付いたこともあるという、築地でいう大間のクロマグロに匹敵するブランド品です。 サワラの資源管理は、今から約20年前にサワラが全く獲れなくなった時、漁業者の皆さんが自主的に休漁するなどの資源回復に取り組んだことから始まり、今は行政関係者と漁業関係者が連携して取り組んでいます。 行政は、うどん県をはじめとする瀬戸内…

続きを読む