市場調査5月-①香川県魚市場株式会社-

高松地区の市場調査についてお伝えします。 今回目に留まったのは「オニオコゼ」です。高松地区では春先に多く見かけます。 オニオコゼは刺毒魚(背鰭などに毒腺が付随した鋭い刺棘を持つ魚)の一種で、うっかり手を刺されるとグローブのように腫れ上がると聞きます。 どのくらいの毒性があるかというと、オニオコゼ1尾(大きさは不明)で、マウス(体重20g)230匹を殺し得るそうです。 大抵は、よく見え…

続きを読む

極秘資料発見!?

コチラただいま絶好調!絶賛販売中の「讃岐さーもん」でございます。ニジマスを海水で養殖いたしましたところの、いわゆるトラウトサーモンでございます。 そんな「讃岐さーもん」でございますが、歴史はまだ数年と浅いのです。うどん県ではこれまでにトラウトサーモンにチャレンジしてこなかったのでしょうか…。そんな中……。 ついに発見しました。ふる~い資料を整理中に発見したのです。資料の表題は「西浦漁港…

続きを読む

サワラの稚魚放流に向けた採卵作業!

うどん県を代表する魚といえば「サワラ」。初出荷の時には、1本で数万円の値が付いたこともあるという、築地でいう大間のクロマグロに匹敵するブランド品です。 サワラの資源管理は、今から約20年前にサワラが全く獲れなくなった時、漁業者の皆さんが自主的に休漁するなどの資源回復に取り組んだことから始まり、今は行政関係者と漁業関係者が連携して取り組んでいます。 行政は、うどん県をはじめとする瀬戸内…

続きを読む